ニュース

ニュース 2017.11.22

県内初の「小児メインの訪問看護ステーション」開設へ

 

【子と親を支える -訪問看護ステーション開設へ向けての準備-】

訪問看護事業開始から4年。WADEWADEでは、受け皿の不足している小児及び精神疾患の方への訪問看護に尽力してきました。この4年間、宇都宮から始まり下野・鹿沼と3つの訪問看護ステーションを開設し、受け皿の更なる拡大に努めてきました。
ただ、4年が経過した現在、小児・精神 という領域において高い専門性を持って訪問看護を実践するステーション数の劇的な増加には至らなかったと考えています。


医療的ケアを必要とする小児は年々増加しています。主たる介護を担う母親等の負担軽減を図るがため、多職種が連携して在宅療養を支えていかなければなりません。親が
特定疾患や精神疾患等の病気を患っている場合、十分な育児が難しくなるケースもあります。在宅における子と親の関係において、まだまだ安心できる場となっていないご家庭も少なくないのが現実です。

子・親いずれかが病気や障害を有しながらも、双方の関係性が十分保っていけるよう、子育て・療育的視点で支えたい、「家族」単位で在宅療養のサポートをしなければ、と考え、小児を中心とした訪問看護ステーション開設を決断致しました。

 

 ➡ 開設への思い

 

 
ステーション名     

  KODOMOTOナースステーション うつのみや 

コンセプト

 「家族看護」「療育サポート」「子育て支援・子育て充実」
 こどもと親、こどもと家族、こどもと社会 に目を向けた在宅サポート

対象  介護保険・医療保険ともに対応
 ・小児(20歳未満の方)で医療的ケアを有する方
 ・第2号被保険者の親で、自身の体調管理や育児等へのアドバイスが必要な方
 ・その他、小児を育てていく上で障害を有する方           など      
開設

 平成30年1月1日

管理者

 大田原 友美

住所

 栃木県宇都宮市平松本町

 

小児科、こどもクリニックなど小児科領域の経験を有するスタッフが集まって、在宅療養のサポートを丁寧かつ丁寧に行っていきます。今後とも皆様のご指導ご鞭撻のほど、何卒宜しくお願い致します。

 

 

yoboiryo株式会社
WADEWADE GROUP 統括マネージャ―
川上智之

 

 

ページトップへ