RECRUIT採用情報

相談支援専門員の1日の流れをご紹介します。
相談支援事業所では、1日の時間を有効に使い業務が円滑にまわるよう、各自でスケジュールを組み立てています。
1日中、訪問に出ているということがないよう調整しています。午前中に訪問があれば、午後は事業所での事務作業や関係機関との連絡調整、また情報収集などに時間に充てています。

     

デスクワークは、自宅で行うことも可能です。スタッフたちが協力し合いながら働き方改革を実現しています。



  • 8:30 
    業務スタート

    朝、訪問がなければ事業所へ向かいます(自宅で開始することあり)。その日の業務の確認などを行います。
    デスク周りの整理整頓なんかもついでに(笑)





  • 9:30 
    移動、1件目の訪問

    訪問先へは車で移動。
    新規の説明、契約へ。60分程度の滞在時間。
    利用者様、ご家族様からじっくりお話をお伺いしながら、ニーズの確認等を行っていきます。契約書に署名・捺印をいただきます。


  • 11:00 
    移動、2件目の訪問

    次は定期のモニタリングへ。30分ちょっとの滞在。
    お話を聞きながら、サービス利用状況の確認、サービス量が妥当かなど考えていきます。
    他にお困りのことがないかお声かけし、訪問終了。

  • 12:00 
    お昼休憩

    事業所へ戻るか自宅へ戻ってお昼になります。
    併設する訪問看護ステーションなどのスタッフと一緒に昼食をとることも。多職種が集うので、医療的な知識を補うこともでき、また情報の共有を図れます。

  • 13:30 
    病院での
    カンファレンス参加

    退院へ向けて調整している患者様のカンファレンスに出席。60分滞在。
    退院後の生活に必要なサービス利用を調整する役割になります。

  • 14:45 
    事業所へ戻る

    残りの時間はデスクワーク。
    情報の入力、カルテの作成など事務処理に充てます。
    明日の訪問先の確認などを行います。
    (おやつタイムも設けながら)

  • 17:30 
    業務終了

    速やかに帰宅。それが一番ですから。





その他

  • ミーティングへの参加

訪問看護ステーションが行っているランチョンミーティングに参加することもあります。
利用者様の状態に関して医療従事者からアドバイスを求めたり、支援内容に関する確認などを行うなど連携を図っています。

  • サービス担当者会議の主催

利用者が利用しているサービスの担当者様を集めて、現状のサービス状況や今後のプランなどを話し合うことがあります。

採用状況に関するご質問やご不明点、
ご相談など、お気軽にお問合せ下さい。

yoboiryo株式会社採用担当:川上

お問い合わせフォーム