WADEWADE・
KODOMOTO
GROUP
私たちのGROUPについて

  • TOP
  • WADEWADE・KODOMOTOGROUPについて

WADEWADE・KODOMOTO GROUPは、小児及び精神疾患の方の在宅療養を丁寧かつ丁寧に支えるのが使命です。
病棟勤務していた頃の数々のエピソードが起業へのきっかけとなり、今の私たちに根付く信念となっています。

小児

「生まれてからまだ一度も自宅に帰ったことがないんですよ」
病棟勤務していた際、母親が話していた言葉。
お子さんはもうすぐ3歳。出生後、NICUにて全身管理。毎日毎日が勝負で、気が付けば月日が経過していた。

「家で看るのって基本私(ママ)じゃないですか。
管とか処置だとか、正直自信ないですよね」 お子さんの退院が見えてきた。退院へ向けての指導がご家族に始まる。
母親の本音。不安。心配。心細い心情に触れた。

精神

「うちの子、退院?いやいや、もっと入院させておいて下さいよ。自宅じゃうまくいかないんです」 患者様自身は退院を望んだが、一向に話が進まない。状態は概ね落ち着いているのだが。 家族の協力。理解。自宅で看ることの限界を知る。

「理解してくれる人?いないです。だから自宅に戻っても外へ出たりはほとんどしないです」 周囲の理解も時に必要。話し相手、相談相手がいる・いないだけでも辛さが違ってくる。 退院後、ひとりで抱え込んでいくのか。環境によっても経過・結果が左右されてしまう。



小児や精神疾患の方、またそのご家族様が少しでも安心して療養できるために私たちができること。
「小児」「精神」に特化した在宅医療・福祉サービスを手がけるのがWADEWADE・KODOMOTO GROUPなのです。