代表挨拶

264

 


会社立ち上げのきっかけは、「介護している側の健康をいかに守るか」という思いからでした。

大学病院での臨床経験において、自身の健康など二の次で介護をなさっている方々の健康の大切さに触れることで、患者様を病棟で看護するという枠だけにとどまれなくなった自分がいました。

また病棟経験の中で、在宅療養できる病状となってもサポート体制が思うようにすすまず、スムーズに退院できないケースもありました。1日も早く自宅へ帰してあげたい。まだ一度も自宅へ帰ったことのない子どもを早く家に帰したい。家族で自宅で過ごしたいという親の思い…。

そういった思いを抱き、起業に至りました。病院よりもっと家族のぬくもりを感じる、もっと近い場所で看護を提供し、微力ながらお力になりたい気持ちです。
弊社のサービス利用を通じ、笑顔が増え、家族で過ごす時間が増えること。
これこそ私たちに課された使命と考えています。

 

 

yoboiryo株式会社  代表取締役 川上智之

 

 

ページトップへ