訪問看護・リハビリ


訪問看護とは―――                                                 

 
ご自宅に看護師がお伺いし、状態観察や必要な医療ケアなどを提供するサービスです。
本人のみならず、家族の健康状態も把握し、介護状況も含めアセスメントしながら、主治医等と連携して訪問看護サービスを提供していきます。

ご家族での介護負担軽減のサポートはもちろん、点滴や経管栄養、人工肛門の管理なども行います。酸素吸入が必要な方の看護や医療機器の管理(人工呼吸器など)もあわせて行うことが可能です。

 

 

訪問リハビリとは―――                                          

訪問看護リハビリは、住み慣れた自宅で長く過ごしていただくために、理学療法士・作業療法士などのリハビリ専門職がご自宅へ訪問し、主治医の指示に基づきご自宅でリハビリテーションを提供させていただくサービスです。

通院してリハビリを継続することが負担な方や自宅での生活動作を通してリハビリを行っていきたいとお考えの方の手助けを致します。ご家族様に対する介助方法の提案や、介護リフォーム・福祉用具についてのアドバイスも利用者様に応じて行っていきます。

 

 

 

te2

お困りのことはありませんか?

・病気があっても自宅で過ごしたい
・薬の管理ができなくて困っている
・症状に対し、どう関わったらいいか分からない
・介護におわれて自分の時間が持てない
・閉じこもりがちで…。外に連れ出したい。
・自宅で最期を迎えたい/看取りたい   
                   など

  ▲これらのサポートが訪問看護で可能です

 

 

・退院してから普段できていたことができなくなってしまった
・ベッドからの移動が難しい
・うちの子、お座りがあまり上手ではない
・靴や衣類の着脱が思うようにいかない
・発達を促していきたい
・家事動作など自信がない  
                   など

▲これらのサポートが訪問リハビリで可能です

 

 

WADEWADE(和で輪で)スタッフは、親切丁寧に心をこめて、訪問看護を提供いたします。
栃木県の宇都宮市・下野市・鹿沼市。これらの地域に訪問看護ステーションを立ち上げ、サービスを展開しています。各地域の近隣の市外へも足を運んでいます。

 rinen station service tokucho

 

小児の受け皿がまだまだ不足している現状において、「小児メインの訪問看護ステーション」開設も決意しました。  開設への思い

 

サービスの流れ

servicenagare

 

訪問看護及びリハビリは、主治医からの訪問看護指示を受けてからサービスが開始となります。
療養状況などの報告を毎月行い、よりよい環境作りに気を配っていきます。

 

① ご相談

利用者の健康状態など、おおよその状況をお電話などで確認していきます。

 

② 連絡・調整

主治医と連絡をとり、訪問看護指示書をいただく手続きをとります。
介護保険でご利用の方は、ケアマネージャーにも連絡して調整をしていきます。

退院前にサービス担当者が集まってカンファレンスを催すことがあります。退院してから速やかに支援が始められるよう情報の共有を図ります。

③ 契約・初回訪問

訪問看護・リハビリご利用にあたっての契約をします。

主治医の指示に従い、病状や必要な医療ケア、リハビリ内容などのお話をお伺いし、利用者に合ったサービス内容を決定していきます。

④ 継続訪問

定期的な訪問を実施していきます。
状態に応じ、時間外の電話相談や必要時に緊急訪問の対応をします。
(事前の契約内容による)

⑤ 訪問看護・リハビリの終了

利用者の状態により、訪問看護・リハビリの終了ができます。
再度、訪問看護・リハビリが必要になった場合は、再開することができます。

ページトップへ